保育士なるためには専門学校に行くべきか

保育士になるには資格が必要です。専門学校に行かなくても取得できることができます。それは保育士認定試験を受けて合格すれば短期間での取得が可能です。保育士養成機関の大学や短期大学、専門学校に通い卒業すると保育士の資格を取得することが可能であります。

しかし、全員が認定試験を受けられるわけではなく条件あり、その条件1つを満たしている者しか受験をすることができません。また、その条件に大学、短期大学、専門学校は学部や学科が保育に関係するところでないと受験資格はありません。通信制の学校での資格取得も可能になっています。四年生制大学、短期大学、専門学校、通信制学校のメリットとデメリットがそれぞれあります。

四年生大学は勉強をじっくりでき、学科によっては他の免許も取れる反面、高額なお金がかかり、卒業まで期間が長いことが挙げられます。短期大学や専門学校は4年制大学より期間が短く、学費が安く済みますが勉強時間が四年生の大学より少ないです。通信制学校は通学するよりも安く済みますが勉強期間が短いことが挙げられます。受験資格のある人が保育士試験を受ける場合は費用がほとんどかからず、自分のペースで勉強が可能ですが合格の保証がなく、保育実習ができないことがデメリットになります。

それぞれの方法で資格を取得ができますが自分に合った方法がいいですが学校に通ったほうが自分のスキルがより身に付きます。子供と触れ合う仕事をしたいという方や子供の世話をしたい方がおすすめできる仕事です。