保育士を専門学校で学ぶポイントとメリット

保育士になる方法の一つとして専門学校に通うという事が挙げられます。専門学校は主に2年制を導入している所が多く、4年制大学に通うよりも短期集中して学ぶ事が出来、学費も抑える事が出来ます。その2年の中には保育実習を充実させたカリキュラムが大学などと異なり、メリットでもあります。保育士を専門学校で学ぶメリットは保育士の資格を取得する志を持った学生が多く集まるので毎日切磋琢磨できる環境があるでしょう。

また学校独自が幼稚園や保育園と提携を結んで実習を入学まもなくから開始している所も少なくなく、早い段階から学生は保育の現場を知る事が出来るでしょう。また就職にも強いとされており、取得後の進路相談にもサポート、力を入れている専門学校が多い点も安心して通えるポイントでもあるでしょう。保育士の専門学校は多くあり、選ぶ際には何をポイントにするかですが、注意したい点として、指定校と併修校かどうかがまずはポイントにもなります。指定校は文部科学省や厚生労働省が指定している為、卒業後確実に保育士証を取得できる事に対して、併修校は通信教育を並行して単位を取るといった事が必要となってきます。

卒業時に出来る資格は何か、就職実績や教育方針など総合的に比較して判断すると良いでしょう。この他、夜間開講、保育所や幼稚園併設、寮があるか等豊富な特色があるので自分の条件に合った所を探しやすいといった点もメリットでもあるでしょう。