保育士の専門学校とは

将来保育園や幼稚園の先生になりたいという人もいるでしょう。保育園や幼稚園の先生になるには保育士と幼稚園教諭の資格が必要です。資格を取得する為には大学や専門学校に行くか、通信教育を受けなければなりません。通信教育で自分で勉強をして資格を取得するのはかなり大変ですので、学校に行く事をお勧めします。

大学や専門学校に行くと、国家試験なしで資格を取得できるからです。その為には必要な単位を取ってきちんと卒業する事が条件になります。専門学校に通いたいという人は2年制と3年制があります。2年制の方が早く資格を取って就職出来るので人気です。

2年制は早く資格を取れますが、毎日授業が詰まっていますので大変ハードです。講義だけでなく、体育や音楽や図工の授業もあり、音楽ではピアノの授業があります。初心者の人は不安も大きいでしょうが、講師が一から教えてくれます。ピアノを習っていた人はかなり楽です。

また体育の授業が大変多いので、体を動かす事が苦手な人は辛いかもしれません。保育士になる為には、教育実習に行かなければなりません。数週間自宅近くの保育園と幼稚園に振り分けられて実習に行き、様々な事を学びます。心配なのは就職という人も多いでしょう。

しかし最近は保育士不足が深刻な問題になっている時代です。なので卒業出来ればほぼ100パーセントの人が保育の仕事に就く事が出来ます。求人も多くあり、先生方が就職のサポートをしてくれるので安心です。