保育士の専門学校について

保育士は、専門学校や保育などの専門学科がある大学を卒業するなど様々な方法で資格やキャリアを取得することができます。専門学校での保育士になることは、専門の技術がつくだけではなく、経験を持った先生や現場の声、こどもの心理など幅広い分野を経験しながら取得することができます。もちろん、大学そ卒業してから受験をすることなどできますが、専門学校で学習してから取得するということは、お金も時間もかけている分、違う点が多くあります。保育士は、こどもの未来に携われる明るい仕事です。

経験からでしか学べないところもたくさんありますが、専門学校で座学を学んで得た知識は、応用力や判断力がまったく違います。幅広い視野からこどもの変化や気持ちを察することができると思います。信頼のある先生は、広い知識と経験、そして判断力が大切なものだと感じています。入学すると、同じ気持ちをもった仲間とも会えるというのも特徴です。

仲間と一緒の時間を過ごして、共有したものはかけがえのない財産ともいえます。違うところで働いたとしても、悩みなどを解決しあえていけます。現場でであえた仲間と専門学校で出会えた仲間でさらに視野を広げていけるものです。保育士は、こどもと両親という幅広い年齢の方とお話しをしたり、共有する時間が多い仕事です。

その分、やりがいのある仕事だともいえます。相談をされたりすることも多い立場のため、学校で得た知識はとても活躍のできるものです。1つひとつの得ることができたものが、助けられる材料になっていけるものです。