専門学校で保育士資格をとるメリット

保育に関わる人材の養成施設である専門学校で保育士を目指すメリットにはいくつかありますが、なかでも卒業と同時に国家資格が取得できる点はこの資格を取得したい人にとって大きなメリットでしょう。資格を取得するには養成施設を卒業して得る方法と、自分で年1回毎年おこなわれている試験を受験して合格し取得する方法がありますが、試験の難易度は高く合格率も20パーセント以下で、受験資格も設けられており誰でも受験できるものではありません。その点専門学校なら保育士の資格を卒業と同時に得られるのでスムーズです。また専門学校では保育士になれるまでの期間が短く、文科省・厚労省指定校なら多くが2年で資格を取得できることになり、早く資格を取って仕事をしたい人に良い環境となっています。

ただし文科省・厚労省の認可を受けていない併修校では多くが3年制で、資格を取得するには通信制の短期大学区の通信課程も受講する必要があるので注意が必要です。これらのように短期間で学ぶ専門学校は、保育士になるまでにかかる費用も4年制大学に比べて安くすむのが特徴です。保育園や保育所で働くとき実務に役立つ内容を集中して学べる環境があるほか、幼稚園教諭2種免許も同じように取得できることもあるため、効率的に保育系の職場に就職するための準備をすることができるでしょう。そのうえ専門学校では保育士になりたいと将来の目標が決まっている人なら、同じ目標を持つ友人をつくり目標達成に向け集中できるメリットがあります。