保育士の専門学校で学ぶこと

保育士不足や待機児童問題という社会的な背景もあって、その活躍が期待され、志望する人も増えてきています。しかし、保育の専門家になるためには専門学校や短大に行き、特定のカリキュラムを履修して国家資格を取得しなければなりません。その保育士になるための第一関門となるのが専門学校での技術の習得でしょう。保育士の専門学校で学ぶことは非常に幅広く、それらを2年間で身に着けなくてはなりません。

そのため、高いモチベーションの維持が要求されます。その学習内容ですが、子供の発達については勿論、発達心理学や栄養学、教育学等について学びます。また、これらに並行してピアノの演奏スキルも身に着けなくてはなりません。それゆえ、自宅でも練習ができるように電子ピアノを買っておいた方が良いでしょう。

実習のように専門学校外で学ぶ機会もあります。実習では、保育の現場に実際に入り、一日の流れや不測の事態に柔軟に対応する術等を体験することもできます。そして、その中でわからないこと等があれば現役の保育士に質問することもできるので、実習は貴重な体験をすることができます。しかし、良識や専門知識も必要とされるため普段の勉強だけでなく、一般常識やマナーも押さえておくと良いでしょう。

現在、保育士を養成する専門学校は多くありますが、それぞれで伸ばす専門性や就職斡旋先も異なります。自分が保育園で働きたいのか、児童養護施設のような他専門職種と一緒に働くか等、自分の進路も考慮した学校選びをし、学習していくと良いでしょう。