保育士の専門学校について

待機児童問題や保育士不足といった社会問題も背景にあってか、現在では保育士やそれを養成する専門学校も注目されるようになってきています。しかし、専門学校でどのような学習をするのかや、どういった専門学校を選べば良いのかまではあまり知られていないのではないでしょうか。保育士を養成する専門学校では、発達心理学や栄養学、教育心理学等、多くのことを学びます。また、こうした専門的知識のみならず、ピアノの演奏技術も身に着けなくてはなりません。

これは保育の現場に入った際にお遊戯会等ですぐに演奏できるようになるためです。そのため、最低でもバイエルを全て弾けるぐらいのスキルが必要とされます。この他、学校では保育の現場に実習にも行きます。そこでは授業では知ることのできない実際の保育の現場を体感することもできます。

また、保育の現場でいかにして柔軟に行動をすれば良いのかも、この実習で学ぶことができます。さらに、現場の保育士にわからないことや知りたいこと等も直接的に尋ねることができるのも実習ならではのことであると言えるでしょう。専門学校選びには就職率が高いことに加え、離職率が低いところを選ぶと良いでしょう。離職率が低いということはそれだけ優良な就職先を斡旋できるということであり、同時に、長く働くことできる能力や即戦力を身に着けさせることができるという証明にもなります。

そのため、就職率だけでなく、離職室にも注目して選ぶと間違いないでしょう。。