softbank対応の中古ドメインの売買について

softbank対応の中古ドメインが注目を集めています。もともと中古ドメインはウェブサイトの評価を上げるために利用されることが多いのですが、ウェブサイト以外に注目されているのがファイアウォールとメールのフィルタリングへの対応方法としての中古ドメインの利用です。ファイアウォールやフィルタリングシステムは各社独自のルールで対応していると考えられていますが、その一つのポイントがドメインチェックと言われています。softbankはキャリアメールを用意していますが、フィルタリングがとても厳しいことで有名です。しかし、古くからあるドメイン、なおかつブラックリストに載っていないドメインはフィルタリングを通ると考えられています。実際に通ることがわかった中古ドメインは高値で売買されることが分かっています。このようなドメインが欲しい業界としては通信販売業者があります。通信販売業者の場合、販売メールや受注メールがフィルタリングによってスパム扱いされたり、最悪は削除されるケースもあります。しっかりと顧客に届けられるメールアドレスはとても貴重なのです。また、ファイアウォールについても同様です。ファイアウォールは日々進化しており、ウェブサイトへのアクセスを内部ユーザーから要求されるとドメインをチェックしてから視聴させるかを考えるシステムが増えています。そのため、新規ドメインのウェブサイトではシステム側から警告を出すケースが増えており、通信販売サイトでは致命的な扱いになってしまうケースが増えています。中古ドメインを利用することで新規ウェブサイトであっても評価があるのでさまざまなユーザーに確実に届けられると期待されています。