乾燥肌用化粧水の成分について

subpage01

乾燥肌に化粧水は欠かせません。

保湿クリームでは、水分の蒸発を防ぐことが出来ても水分の補給はほとんど出来ません。

ただし、化粧水も成分を選ばなければ使う意味が無いと言えます。

化粧水の乾燥肌に関してわかりやすく説明しております。

高い保湿力と浸透力があり、肌を潤わせる成分が配合されている製品を選ぶ必要があります。例えば、肌に働きかけて乾燥肌の改善が期待出来る成分がセラミドです。角質層にある細胞間脂質の50%を占める大切な成分で、セラミドが十分であれば肌バリアがしっかりと働きますので、水分の蒸発を抑えたり外部の刺激から肌を守ることが出来るようになります。

セラミドの効果は高い保湿力で肌の潤いをキープし、バリア力を支えて肌荒れを防ぎます。



乾燥による小じわを防ぐ効果も期待出来ます。



肌に優しく馴染みやすい特徴があるため、かゆみや肌荒れをすぐに引き起こす乾燥肌の人にもおすすめです。

乾燥肌用化粧水の選び方は、ヒト型セラミドを中心とした保湿成分がたっぷりと配合されているものです。

ヒト型セラミドは成分表示で「セラミド1」や「セラミド2」というように数字付きで記載されています。


浸透しやすく保湿に優れていますので、乾燥性敏感肌でも使いやすく低刺激性という利点があります。
セラミド1・2・3・6が配合されている化粧水がおすすめですが、ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸、リピジュアなど他の保湿成分も一緒に入っているかも確認しましょう。気を付けたいのがアルコール系の化粧水です。
エタノールやアルコール類、ビタミンC誘導体、サリチル酸などのニキビケア成分は避けた方が良いです。毛穴を引き締めたり皮脂を抑える目的で使われるので、乾燥肌ではより乾燥を招くことにもなりかねませんので注意が必要です。