京都の住宅で浴槽つまりを直す方法と工事が必要な事例

京都に住宅を構えている方の中には、浴槽に問題が出てしまっていることもあり、水漏れの現象以外に浴槽つまりの問題を抱えている方も存在しています。ボールチェーンを引っ張って、ゴム製のキャップを外しても、以前と比べて排水能力が弱くなっている現象から、ほぼ完全に流水がストップしてしまう可能性も否定はできません。浴槽つまりは京都でも多数の修理会社が営業をしているので、ネット上から調べてみて、信頼できる会社を見つけて見積もりを出してもらえば、納得の修理を済ませることはできます。浴槽は本来は大量の水を流す場所なので、排水管は少し大きめに設定されているものです。

京都の場合は古い住宅が立ち並ぶエリアもあり、あまりに古い住宅の場合は、排水管の太さが不十分であったり、浴槽から洗い場の排水口までの間の配管も細い場合もあります。こうなると浴槽つまりは起きやすくなってしまうので、京都の修理会社に依頼をする際には、完全に排水管内部を綺麗にしてもらう方法か、交換工事を依頼する方法に分かれます。ユニットバスをお使いの住宅では大きな問題になることは少ない傾向にありますが、在来工法のお風呂の場合は交換工事を選択することが良い場合もあります。ユニットバスは穴を開けてしまうと修復することが難しくなりますが、在来工法の場合は、床面に穴を開けて配管工事を行ったとしても綺麗に修復可能な場合が多いので、この判断においては修理会社のアドバイスを聞くことも必要です。

コンクリート製の在来工法では見た目を損なわずに修復可能なことは確かです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *