つまりによる水漏れのトラブルへの対処

トイレが詰まったり、水道部品が劣化するなどして水漏れが発生したらどうするべきでしょうか。水道の簡単な水漏れならば、細かな部品を交換することで個人でも修繕が可能です。しかし、パイプのつまりによって水が漏っているのなら簡単な道具では対処が難しいかもしれませんね。パイプのつまりの判断基準は、水がなかなか流れて行かなかったり排水口から汚水が逆流してくることなどです。

この場合、まずは市販の汚れ洗浄剤を使ってつまりの原因になっている汚物の塊を流します。多くのトラブルはこのような洗浄剤で対応が可能です。普段から定期的に使用して、パイプや排水口周辺をきれいに保つように心がけましょう。洗浄剤が効かない場合、パイプの中でゴミや汚物が固まって張り付いてしまっている可能性が考えられます。

もしそうなら、ドリルなどをパイプの中に通してこびりついた汚れを粉砕して取り除かなくてはいけないのです。これは個人で対処することが出来ませんし、水漏れ箇所を特定することも大変です。そこで、電話ですぐに来てくれる水道業者を利用します。1回の利用料が数千円から工事をしてくれるので、万が一の故障のおりには便利です。

プロなら水漏れ箇所を特定する器具もありますし、早く直して水道代が余計に掛かることを防げます。あまり長い時間水がだらだらこぼれ続けると、近隣の迷惑になる場合もあるので気がついたときにすぐ動きましょう。隣の家の庭などが水浸しになっては、賠償に発展してしまうかもしれませんから。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *