水漏れに関しての水道蛇口の修理

キッチンや風呂場、トイレ周りなど、いわゆる水場と呼ばれる場所はカビや湿気に気を配るだけではなく、肝心の水道そのものが水漏れをしていないか、きちんとチェックしておかなければなりません。

もし、蛇口をいくらしっかり閉めても蛇口からの水漏れが止まらなければ、部屋全体に湿気が充満してしまって壁を傷めたり、金属部分を錆びさせてしまいかねません、そればかりでなく、水漏れしている間も水道が回り続けていたら、水道料金もバカ高い料金を支払わなければならなくなってしまいます。もちろん、すぐに業者に連絡して工事してもらったら、それほど高い修理費はとられないでしょう。ただ、水道の蛇口の故障については、それほど修理が難しいものではないので、ちょっとした工具を揃えておきさえすれば、自分で簡単に直せるものなのです。

水道の水漏れの原因として一番多いのは、蛇口に付けられているパッキンがすり減ったために起きる蛇口の緩みです。この修理法というのは簡単です。何しろ、すり減ったパッキンを新しいものに取り換えさえすればいいのだから。この修理をおこなうときは、まず新しいパッキンを用意するのはもちろん、水道の元栓をきちんとしめて、水の流れを止めてしまわなければなりません。そのうえで、工具でとっ手の部分を逆方向へ回して開けて、パッキンを交換するようにします。新しいものに取り換えたなら、もとに戻して修理完了です。再開した時に水道管の中から濁り水が出るのはよくある話で、しばらく水を出しっ放しにすれば、すぐに回復するはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *