キッチンで蛇口からの水漏れ修理で自力では無理な事例

キッチンは各ご家庭によっては毎日使う欠かせない水回りの機材です。

一般的にはステンレス素材で作られているので腐食を起こすことは殆どなく、長期間にわたって使い続けられる特徴があります。構造は意外とシンプルですが、時には蛇口から水漏れを起こしてしまうことはあり、その都度修理をすることが全国的に行われています。キッチンといっても世代により様々なタイプがあり、シンク台中央の壁側から蛇口が取り付けられているタイプもあれば、シンク台の中央付近に収納スペースの下から接続をしているタイプに分かれています。壁から接続されているタイプであれば、水漏れ修理は意外と簡単に行うことはでき、通常の範囲では該当箇所のゴムパッキンの交換で蛇口の水漏れを修理できます。

手先の器用な方であれば、自力でも簡単にパッキン交換を行うことができますが、問題になる事例は台座が付いている2ホールタイプと1ホールタイプの蛇口です。このタイプは下側から給水管が接続されているのでシンク台の下側にもぐってナットを外す作業が必要です。お手持ちの工具で届く範囲であれば取り外して交換作業を行うことはできますが、工具が届かないシンク台も存在しています。修理会社では専用の柄の長い工具で対応するので問題になりませんが、このタイプは自力で直すことは諦めた方が賢明です。キッチンによってはシンク台を移動させて、背面から作業を行わないと修理できない事例もあります。このタイプのキッチンも当然ながら専門店に依頼することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *