自分で蛇口の水漏れ修理をする

蛇口からの水漏れがあると慌ててしまうかもしれませんが、よくある水回りのトラブルの一つです。

すぐに水道会社に連絡をしなければならないと焦る人もいますが、自分で修理可能な場合は自力で直す方が安く済ませることができます。蛇口の水漏れ修理を自分で行うのは難しそうですが、わりと短時間でできる作業で直せるので大丈夫です。蛇口の水漏れ修理を行うためには、まず必要なものを用意しておきます。大抵の場合、コマパッキン(ケレップ)というパッキンの劣化によって水を止めておくことができなくなっている状態なので、同じパッキンをホームセンターやインターネットで購入します。パッキンは数百円で売っていますが、型違いのものが色々あるので間違えずに選びましょう。工具についてはモンキーレンチやプラスドライバー、ピンセットがあれば良いです。作業はシングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓とで手順が違います。

シングルレバー混合水栓は、一つのハンドルを操作して水とお湯を切り替えたり水量を変えるタイプです。ハンドル混合水栓は水とお湯が分かれていて、ハンドルの赤と青の印があるタイプとなっています。タイプは違っても、ハンドル部分を外してパッキンを新しいものと交換するのは同じです。自分で蛇口の水漏れ修理は成功すると安く済みますが、失敗すると水漏れがひどくなったり、小さな部品を紛失したり、元に戻せなかったりします。また、結局はプロに依頼することになった場合は費用が高くつくこともあります。成功させるためには事前に手順を頭に入れておくことが大切ですし、元に戻せるよう写真に撮っておくのも良い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *