蛇口の漏れを修理する方法

蛇口の漏れを修理しないでいると、水道の使用料を多く支払うことになるので出来るだけ早く対処することをおすすめします。

ぽたぽたと滴っているだけでは大した量に思われないかも知れませんが、少しずつだとしても一晩でかなりの量が流れ出てしまいます。パッキンの交換で直せるような蛇口の漏れを修理するには、水道工事をおこなう専門の会社に依頼しなくても自分で直すことも可能です。しかしモンキーレンチやドライバー、ピンセットなどの工具が必要になることが多く、もし持っていない場合には直すために購入する必要がある場合も少なくありません。交換するパッキンもあらかじめ手に入れておく必要があります。

蛇口の漏れの修理と一口でいっても、複数のパーツで構成されている部分であるため漏れている箇所によって直すための方法には違いがあります。ハンドルをしっかり閉めているのにも関わらず先端の部分から水が垂れてくるとか、開け閉めするハンドルの根元の部分から水が出ているとかそれぞれのケースによって違いがあるでしょう。

またパイプの根元や壁との間、壁から出ている管と本体の間に問題がある場合もあります。パッキンを交換すれば止まるような蛇口の漏れを修理する場合には、交換用のパッキンを手に入れて自分で直すことができ、新しいものは町のホームセンターや水道工事店で購入することが可能です。とはいえ慣れていないと、交換には手間や労力がかかるため、面倒な場合や自信がない時には地域の水道工事会社に依頼するという方法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *