蛇口の水漏れ原因であるスピンポールの取り替え修理法

しっかりと水栓器具のハンドルバルブを閉めているのに、ポタポタと蛇口から水が漏れているという現象を目撃された方は多いことでしょう。

この水漏れをそのまま放置していると水道料金が高くなるので、早急に修理をするのが望ましいです。この蛇口の水漏れ原因となるのは、水栓器具のハンドル部分に備わっているスピンポールという主軸が劣化することで起こります。水栓器具から水を出す際は必ず左右に回転させるため劣化しやすく、一種の消耗品といえるでしょう。

劣化したスピンポールを新しいものに取り替えれば水漏れを止めることができ、この取り替え修理は比較的簡単におこなえるのが特徴です。必要となるものは新しいスポンポールとプラスドライバーの2つで、どちらもホームセンターやネット通販で販売されています。また取り替え時は強い力も必要がなく、女性や年配の方でも簡単に取り替えできるのが特徴です。

修理する時はまず最初に給水栓を閉めてからおこないましょう。これは蛇口の水漏れ修理だけでなく、水回り設備すべてのメンテナンス時の基本行動です。給水栓を閉め終わったらプラストライバーを使用して水栓器具のハンドルバルブを取り外します、カバーを持ち上げると約10cmほどのスピンポールがむき出しになるので、指でねじって取り外して新しく購入したものを装着します。その後再びハンドルカバーを取り付けて、給水栓を開いたら修理完了です。スピンポールは年1回交換しておくのが望ましいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *