蛇口の水漏れ修理は早めに行う方が良い

蛇口は家族が毎日使うものなので、長年のうちにどこかのパーツが故障し、ハンドルを思いっきり締めても吐水口から水が垂れたり、噴水のように水が噴き出したりと様々な不具合が生じるようになります。

しかし、吐水口から滴が落ちる程度の軽い水漏れくらいなら、いつか修理をすればいいだろうと先延ばしにする人もいるでしょう。実は、蛇口の水漏れ修理にはタイミングがあります。できるだけ早めに修理をしなければ、他の箇所に影響が出ることもあるため注意が必要です。言い換えると、早めに、そしてこまめに修理をすることで、今の蛇口を長く使っていくことができるということです。蛇口の水漏れの原因で一番多いのは、パッキンの劣化や部品のズレです。この場合は自分で修理することができ、ホームセンターやインターネットでパッキンを購入して交換するだけなのでそれほど難しいものでもありません。

吐水口からの水漏れはコマパッキンという部品の劣化で起こります。コマパッキンが用意できたら家庭にある工具で簡単に交換できます。ちなみに、コマパッキンはケレップという名称で売られていることもあります。全く同じ部品を用意しなければ直せないので、事前に蛇口の型番を調べるか、止水栓を閉めてから一度分解して確認しましょう。使っているときにハンドルや吐水口などが取れてしまった場合は自力で直せないことも多いので、水栓そのものを新しく付け替えることになります。付け替えが必要な場合は水道会社に連絡をして来てもらう方が安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *