乾燥肌の方が化粧水を選ぶポイント

乾燥肌の方が化粧水を選ぶポイント

subpage01

皮脂の分泌量・肌内部に含まれる水分量が少なく、バリア機能が低下している乾燥肌の場合、化粧水で保湿成分を補う必要があります。


保湿成分を補うことで、肌に水分を保つことができるからです。
保湿成分として具体的に挙げられるのが、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸等になります。
これらの成分が含まれているものを選ぶようにします。

一方、バリア機能が低下している乾燥肌の場合、化粧水に含まれていない方がいい成分もあります。

化粧水の乾燥肌関連情報サイトです。

例えば「香料」「着色料」「界面活性剤」「アルコール」等の化学物質は、肌にとって刺激になります。


「ビタミンC誘導体」は美白効果が期待でき、化粧水にも多く含まれていますが、乾燥肌の場合は避けた方がいい成分です。
というのも「ビタミンC誘導体」は、皮脂の分泌を抑える働きがあります。
しかし肌が乾燥している場合、皮脂の分泌量が減ると水分を十分保つことができなくなってしまうのです。



さらに人によっては天然由来の花の成分なども、刺激につながることがあります。



このように乾燥肌の場合、化粧水に含まれている成分によっては、肌に刺激を与え、逆効果になるおそれもあります。


そのため使い始める前に、肌に合ったものかどうか確かめることが大切です。特に乾燥肌の場合、いきなり顔に付けるのではなく、まず手のひらなどに化粧水をつけます。そして肌にどの程度なじむか、つけた後赤くなったりかゆみが出るといった異常がないか確かめます。
そして異常がなければ、しばらくの間使い続けるようにしましょう。

化粧水の秘密

subpage02

時間と費用の節約ができるとあって、最近はオールインワンジェルに人気があり、実際多くの商品があります。しかし乾燥肌を改善したいと考えるのであれば、化粧水を使用した方が実は効果的なのです。...

NEXT

化粧水が気になる方

subpage03

乾燥肌に化粧水は欠かせません。保湿クリームでは、水分の蒸発を防ぐことが出来ても水分の補給はほとんど出来ません。...

NEXT

化粧水をよく学ぶ

subpage04

スキンケアのベースとなる化粧水に出来ることは、肌に潤いを与えて整えたり、柔らかくすることです。清涼感を与えたり、次に使う美容液などの浸透を助ける役割も担います。...

NEXT

化粧水の学びたい知識

subpage04

乾燥肌はちょっとした刺激でも影響を受け、肌が敏感な状態なのですぐに赤くなったりピリピリすることがあります。そのため、化粧水選びは慎重に行うことが大切です。...

NEXT